各症状

Pocket


むちうち・・・【外傷性頚部症候群】がいしょうせいけいぶしょうこうぐん
【頚部捻挫】けいぶねんざ
追突などの交通事故による衝撃で首がムチのように、しなってしまい神経等が損傷する(神経や靱帯が伸びる・切れる)事から【むちうち症】と言われておりますが、正しくは【外傷性頚部症候群】又は【頚部捻挫】という傷病です。主な症状としては、首の痛み・手のしびれなどがあります。その他にも、頭痛・めまい・倦怠感など、様々な症状が現れる場合があります。


腰痛・・・【腰部捻挫】ようぶねんざ
交通事故の衝突した際の衝撃で、様々な部位に痛みが生じます。その中で、むち打ち症の次に多く見られるのが【腰痛】です。腰痛になると日常生活に支障をきたすことも少なからずあります。また、首の痛みと連動して起こるケースもありますので、経過を診ながら根気よく治療することが大切です。交通事故に多い痛みの特徴として、事故後、数日・数週間後に痛みが出てきたということがあります。「痛みがなかったのに急に出てきた」「朝の起床が辛い」「歩くと腰に響いて痛い」「事故前の運転に違和感がなかったのに、事故後から車の運転中は長時間座っていられない」など実際に患者様よりお声を頂きました。【腰部捻挫】以外にも【腰椎捻挫】【腰部打撲】【腰部挫傷】【腰部症候群】など診断名を受けることもあります。


骨折・捻挫・打撲・・・【骨折・捻挫・打撲に関しては多種多様ございます。】
交通事故で損傷が最も起こりやすいのは腕と脚ですが、頭部( 頭部外傷)、顔面( 顔面外傷)、肋骨( 胸部外傷)、脊椎( 脊椎の圧迫骨折)など、全身のどこにでも起こることがあります。例えば、事故で脚の怪我・骨折をした場合は、事故後に病院に運ばれることが多いのです。そこで、固定や手術を受けることが最も最適ですが、骨がついた後は整形外科(電器療法・投薬療法)当院(手技療法・電器療法)を併用してリハビリすることをお勧めします。
当院は、平日20時まで受付しており、待ち時間もないので通いやすく、適切な頻度で通うことができます。